仮面女子・猪狩ともかが車いすにて復活!パラスポーツにも挑戦宣言!

4月に不幸な事故に遭い、車いすでの生活を余儀なくされた仮面女子の猪狩ともかさんでしたが、8月26日に復帰会見を行い、これからは車いすアイドルとして活躍していくことやパラスポーツ、始球式などにも挑戦することを宣言しました。事故を乗り越え前向きに活動している猪狩ともかさんについてご紹介します。

事故を乗り越えて復活!猪狩ともかさんのプロフィール

本名:猪狩ともか(いがりともか)
生年月日:1991年12月9日(26歳)
出身地:埼玉県
血液型:非公開
身長:153㎝
職業:アイドル、歌手

2014年にスライムガールズとしてデビュー

猪狩ともかさんは2014年に、スライムガールズのメンバーとしてデビューを果たしています。同年7月には上位ユニットのOZに加入、2015年にはアレアガールズに所属、2017年にはOZの上位ユニットであるスチームガールズに昇格しています。さらに同年2月に仮面女子に加入することが決定しました。長い下積み生活を送っており、仮面女子としてデビューする時には猪狩ともかさんは25歳になっていました。

猪狩ともかさんは西武ライオンズの大ファン!始球式も

猪狩ともかさんは野球が大好きで、プロ野球や高校野球を応援しています。特に西武ライオンズの大ファンで、

「大好きな西武ライオンズの本拠地(メットライフドーム)で始球式とかライブをやりたい」

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/656347/

と夢を話しています。2017年9月には、念願の始球式をメットライフドームで務めました。

猪狩ともかさんを襲った突然の事故!車いす生活に

強風で倒れた看板にぶつかりケガをしたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)が、「脊髄損傷による両下肢麻痺」となり、今後は車いすでの生活を送ることになった。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/07/kiji/20180507s00041000200000c.html

4月11日、東京都文京区の湯島聖堂にて、強風で木造の看板が倒れて猪狩ともかさんに直撃しました。看板の下敷きになった猪狩ともかさんは、緊急手術を行いましたが脊髄を損傷し、車いすでの生活を余儀なくされました。

猪狩ともかさんが奇跡の復活!車いすアイドルとして再始動!

ステージ復帰を目指し、諦めずにリハビリに励んだ猪狩ともかさんは、8月26日に秋葉原で行われた「仮面女子カフェ」ライブに出演し、4か月半ぶりに復活を果たしました。上半身を力いっぱい動かし、元気にダンスも披露、ファンに温かく迎えられました。

パラスポーツにも挑戦!

車いすアイドルとして再スタートを切るにあたって、猪狩ともかさんは活動の幅を広げていくことを宣言しています。10月に福井で行われる「全国障害者スポーツ大会」の開会式に出席することが決まったのを機に、自らもパラスポーツに挑戦するそうです。また、西武が主催する車いすソフトボール大会のナビゲーターに就任し、9月9日には始球式を行うことが決まっています。

「車椅子の自分を生かしたい。競技は決めてないけど、いろいろと見て挑戦したい」

https://mainichi.jp/articles/20180827/spn/00m/200/001000c

パラスポーツの競技についてはこれから決めていくそうです。猪狩ともかさんは作詞にも挑戦したいと話しており、さまざまな分野への挑戦に意欲を燃やしています。今後の猪狩ともかさんの活躍に注目していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です