人気格闘家・山本KID徳郁さんが死去!気になる病気や死因について調査

元レスリング選手で、総合格闘家として活躍していた山本KID徳郁さんが、18日に亡くなったことがわかりました。8月には、自身ががんであることを公表し、闘病を続けていましたが帰らぬ人となってしまいました。山本KID徳郁さんの気になる病状や死因について調査しました。

突然の訃報!山本KID徳郁さんのプロフィール

リングネーム:山本KID徳郁(やまもときっどのりふみ)
本名:岡部徳郁(おかべのりふみ)
生年月日:1977年3月15日
没年月日:2018年9月18日(41歳没)
出身地:神奈川県川崎市
血液型:B型
身長:163㎝
職業:総合格闘家

レスリング選手から格闘家へ転身!

山本KID徳郁さんは、父親が山本郁榮さん、姉が山本美憂さん、妹が山本聖子さんというレスリング一家に生まれ、自身も幼い頃よりレスリングに親しんでいました。高校時代はレスリングの修業のために単身アメリカに渡り、帰国後は全日本学生レスリング選手権大会で優勝するなど、頭角を現します。

シドニーオリンピックを目指して日々レスリングに励んでいたものの、1999年の全日本レスリング選手権大会で惜しくも準優勝となり、オリンピックへの道が絶望となった同時期に、姉の山本美憂さんの当時の夫であったエンセン井上さんに師事し、格闘家へと転身します。2001年にはプロデビューを果たし、修斗で世界ライト級ランキング2位という戦績を残しました。

さまざまな格闘技に参戦

その後もK-1やDREAM、UFCなどにも参戦し、KO勝ちを決めるなど活躍していましたが、2008年に右膝前十字靭帯を断裂してからは故障に悩まされ、戦績も振るわないことが多くなっていきます。生涯最後の公式戦となった2015年のUFC 184においては、山本KID徳郁さんの指が対戦相手の目に入ったことで試合は中断され、結局無効試合となってしまいました。

山本KID徳郁さんが亡くなった原因は?がんはステージ4だった?

山本“KID”徳郁さん(本名岡部徳郁=おかべ・のりふみ、旧姓山本=KRAZY BEE)が18日、胃がんのため療養中のグアムの病院で亡くなった。41歳だった。

https://www.nikkansports.com/battle/news/201809190000131.html

格闘技団体RIZINによると、山本KIDさんは2年程前から胃がんを患い、闘病生活を続けていたが、今年の春、末期がんを治療できる病院があると聞き、グアムへ移住。

8月に闘病を告白した時、既にがんは「ステージ4」だったにも関わらず、最後まで現役復帰を目指し、がんと闘い続けていた。

https://www.fnn.jp/posts/00364220HDK

山本KID徳郁さんは8月26日に自身ががんであることを公表。週刊誌によって公開された写真が激やせし、車椅子に乗っている姿だったことから、その病状が心配されていましたが、実は2年も前から闘病を続けており、山本KID徳郁さんががんを告白した時には、すでに末期であるステージ4へと病状は進行していました。

山本KID徳郁さんがここまで公表をしていなかった理由には、現役復帰への強い思いがありました。もう1度リングに立つことはかなわず帰らぬ人となってしまいましたが、その勇姿は多くのファンの心に残り続けることでしょう。山本KID徳郁さんのご冥福をお祈りいたします。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です