演技派女優・樹木希林さんが死去!気になる病気や死因は?

演技派女優として知られ、数多くのドラマや映画で活躍した樹木希林さんが、15日に亡くなっていたことが明らかになりました。樹木希林さんの気になる病気や死因は何だったのでしょうか?また、夫婦生活のほとんどを別居して過ごしていた夫・内田裕也さんとの関係についても調査しました。

75年の生涯に幕・樹木希林さんのプロフィール

芸名:樹木希林(きききりん)
本名:内田啓子(うちだけいこ)
生年月日:1943年1月15日
没年月日:2018年9月15日(75歳没)
出身地:東京府東京市(現・東京都千代田区)
血液型:A型
身長:159㎝
職業:女優

ドラマ『寺内貫太郎一家』が話題に!

樹木希林さんは、1961年に文学座付属演劇研究所に入り、女優活動を開始します。20代の頃から老人などの老け役を演じることが多く、1974年に出演したドラマ『寺内貫太郎一家』でも当時30代前半でありながら、小林亜星さんの母親役を老けメイクで演じています。樹木希林さんが劇中で沢田研二さんのポスターを見ながら「ジュリー!」と叫んで身悶えするシーンなどが話題となり、人気を博しました。

フジカラーのCMは流行語に!

フジカラーのCMには25年以上に渡り出演を続け、樹木希林さんの一般人から見た目線だと言うアイディア、「美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに映ります」という言葉は流行語にもなりました。また樹木希林さんは2002年に、消費者の好感度が最も高い女性CMタレント1位を獲得しています。

紫綬褒章、旭日小綬章も受賞した大女優

樹木希林さんは生涯を通じて、さまざまな映画やドラマに出演し、その功績が讃えられ2008年には紫綬褒章を、2014年には旭日小綬章を受賞しています。最近では、2018年に出演した映画『万引き家族』が、第71回カンヌ国際映画祭にて日本作品では21年ぶりとなる最高賞のパルム・ドールを獲得しました。また樹木希林さんの遺作は映画『エリカ38』で、来年に公開予定となっています。

 

43年もの別居生活!樹木希林さんと夫・内田裕也さんとの関係

樹木希林さんは、私生活では1973年に内田裕也さんと再婚しています。結婚当初から、肋骨を折られ、包丁も欠けるほどの凄まじいDVを受け、1年半が過ぎたころには別居、そのまま43年にもわたる別居生活を送っています。81年に内田裕也さんが一方的に離婚届を提出した時には、樹木希林さんが離婚無効を求める裁判を起こしています。

樹木希林さんが頑なに離婚を拒み続けた理由には、内田裕也さんへの深い愛情があります。内田裕也さんの全てが好きと語り、内田裕也さんが不祥事を起こした時も、マスコミに対して真摯に対応していました。近年では手をつないでデートすることもあり、樹木希林さんは破天荒な夫を生涯愛し続けていたのです。

樹木希林さんが亡くなった原因は?樹木希林さんを襲った「全身がん」とは何?

女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだ・けいこ)さんが亡くなったことが分かった。75歳。東京都出身。樹木さんはこの十数年、数々の病気と壮絶な闘いを繰り広げていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/16/kiji/20180916s00041000295000c.html

樹木希林さんは2004年に乳がんを患い、2008年には腸、副腎、脊髄に転移するなど病状が悪化しました。2013年には自身が「全身がん」であることを告白します。全身がんとは、癌が体の至るところに転移した状態を指すもので、樹木希林さんの闘病が壮絶なものだったことが伺えます。

樹木希林さんの詳しい死因については明らかになっていません。しかし先月13日に大腿骨を骨折し手術をするものの、がんの影響などで肺が弱っていたこともあり、一時は危篤状態になるなどの状況もあったことから、樹木希林さんが亡くなったことに何らかの関係があったのかもしれません。樹木希林さんの訃報を受け、多くの有名人が弔問に駆け付けるなど、その人柄が偲ばれます。樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です