巨人・高橋由伸監督が電撃辞任!辞任の理由や気になる後任は?

就任3年目のシーズンだった読売ジャイアンツの高橋由伸監督が今季限りで辞任をすることがわかりました。優勝は逃したものの、その手腕が高く評価されていた高橋由伸監督の気になる辞任の理由や、後任は誰になるのかなどについて調査しました。

辞任を発表!高橋由伸監督のプロフィール

本名:高橋由伸(たかはしよしのぶ)
生年月日:1975年4月3日(43歳)
出身地:千葉県千葉市中央区
血液型:O型
身長:180㎝
職業:読売ジャイアンツ第18代監督、元読売ジャイアンツ外野手・内野手

1998年に読売ジャイアンツに入団

高橋由伸監督は、小学生の頃から少年野球でレギュラーとして活躍していました。高校は神奈川県の名門である桐蔭学園に進学し、投手として野球部に入部するものの、打撃と強肩を生かすために右翼手へ転向。甲子園には2回出場しています。高校卒業後は慶應義塾大学に進み、日米大学野球などでも4番打者として活躍、通算打率は3割2分5厘という記録的な成績を残しました。プロ入りは読売ジャイアンツを逆指名し、ドラフト1位で入団します。

巨人の主要打者として18年間活躍

入団当初より21世紀のスターとして期待されていた高橋由伸監督は、新人王は逃したもののプロ1年目から打率3割を達成し、史上初となる新人での満塁本塁打3本を記録するなど活躍します。2003年には選手会長に任命され、開幕から4番打者を務めました。度重なるケガに苦しみながらも、2015年に引退を表明するまでに生涯成績2割9分1厘、本塁打321本、安打1753打と好成績を残しています。

巨人の第18代監督に就任!

2016年には第18代読売ジャイアンツの監督に就任し、1年目は2位の成績を残したもののCSで敗退、2年目・3年目はBクラスへと後退しました。しかし、若手野手などの育成など手腕は高く評価されており、来季の続投も要請されていました。

高橋由伸監督が突然の辞任を発表!気になる辞任の理由は?後任は誰?

巨人は3日、高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することを発表した。就任3年目の今季はリーグ3連覇を達成した広島に独走を許し、4年連続でV逸。クライマックスシリーズ進出を目指し、レギュラーシーズンも残り2試合で決定した。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20181003/gia18100320460005-n1.html

高橋由伸監督の辞任の理由は?

来季の指揮も期待されていた高橋由伸監督でしたが、就任3年間で優勝を逃した成績不振に責任を感じ、辞任を決意したようです。また救援投手などが不足していたことに対して、フロントがトレードなどの対策をしなかったことから、フロントへ対する不信感が募ったことなども辞任の理由となったという情報もあります。

気になる後任は誰になる?

高橋由伸監督の辞任にともない、気になる監督の後任についてですが、巨人の監督には経験と実績が大事だという考えから、原辰徳さんで一本化し調整しているようです。原辰徳さんが後任の監督に決定すると、4年ぶり3度目となる指揮となります。

就任からわずか3年で監督を辞任することになってしまった高橋由伸監督ですが、巨人の山口オーナーが「何かの関係は保っていきたい」と話していることからも、今後は監督としてではなく、フロントに入るという可能性もあるかもしれません。これからの高橋由伸監督の動向に注目していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です