元横綱・輪島大士さんが死去!気になる病気や死因について調査

大相撲の第54代横綱として、元日本相撲協会理事長の故北の湖敏満さんと「輪湖時代」を築き、プロレスラーとしても活躍した輪島大士さんが8日に亡くなっていたことが明らかになりました。輪島大士さんの気になる病気や死因について調査しました。

黄金の左!輪島大士さんのプロフィール

四股名:輪島大士(わじまひろし)
本名:輪島博(わじまひろし)
生年月日:1948年1月11日
没年月日:2018年10月8日(70歳没)
出身地:石川県七尾市
血液型:A型
身長:185㎝
職業:元第54代横綱、元プロレスラー

初土俵からわずか3年半で横綱に昇進

輪島大士さんは日大相撲部で活躍し、1970年に花籠部屋に入門、同年1月に幕下付出で初土俵を踏みました。その後わずか1年で新入幕を果たし、1972年には大関に昇進しています。1973年5月場所には全勝優勝を飾り、初土俵から3年半という異例の速さで横綱に昇進、史上初の本名・学士横綱が誕生しました。

「輪湖時代」を築く

左の下手投げを得意とし「黄金の左」と呼ばれた輪島大士さんは、昭和の大横綱と言われた故北の湖敏満さんとの通算成績は23勝21敗と勝ち越し、「輪湖時代」を築きます。1978年に入るとケガや体力の衰えなどで故北の湖敏満さんに後退することも多くなっていったものの、1979年から1980年の間に2度優勝するなど、横綱としての意地を見せていました。その後1981年の場所中に引退を発表します。

引退後はプロレスの道へ

輪島大士さんは引退後、花籠部屋を継承しますが金銭問題などにより1985年には廃業となり、1986年に全日本プロレスに入門します。プロレスラーとして第2のスタートを切った輪島大士さんは、オリジナルの必殺技ゴールデン・アームボンバーで勝利を重ねるなどその活躍が期待されていたものの、1988年には事前告知や引退試合なども行われず、突然の引退となりました。

輪島大士さんが亡くなった原因は?がんとの闘病も!

大相撲の第54代横綱輪島で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日、分かった。70歳だった。

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201810090000300.html

輪島大士さんの死因は下咽頭がんと肺がんの影響による衰弱によるもので、輪島大士さんは2013年に下咽頭がんが発覚し手術を受けています。その後は声を失い、筆談で会話するなど闘病を続けていました。

輪島大士さんの訃報を受け、関係者から続々と悲しみの声が寄せられています。葬儀については、15日の午前10時から青山葬儀所で執り行われる予定となっています。輪島大士さんのご冥福をお祈りいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です