元AKB48・大島優子が海外留学から帰国!日本での活動はどうなる?

2017年9月に海外留学を報道され、公式発表などがなされないまま、日本での芸能活動が休止状態となっていた元AKB48の大島優子さんが23日に帰国していたことがわかりました。今年30歳の節目を迎えた、大島優子さんの日本での今後の活動についてなど調査しました。

海外留学から帰国!大島優子さんのプロフィール

本名:大島優子(おおしまゆうこ)
生年月日:1988年10月17日(30歳)
出身地:栃木県
血液型:B型
身長:152㎝
職業:女優、元AKB48

1996年より子役として芸能活動を開始

大島優子さんは1996年からセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動をスタートさせます。2000年にはジュニアアイドルユニット「Doll’s Vox」に所属し、ジュニアアイドルとしても活動をしていました。

2006年にAKB48のメンバーとしてデビュー

2006年に『第二期AKB48追加オーディション』にて合格し、AKB48劇場でのチームK初日公演においてデビューを果たしました。AKB48の選抜総選挙では前田敦子さんと1位の座を争い、2010年と2012年に1位に輝き、2012年にはチームKのキャプテンに就任しています。またセンターも数多く務めています。

2014年に惜しまれつつ卒業

絶大な人気を得ていた大島優子さんでしたが、2013年にはAKB48の卒業を発表します。2014年3月に国立競技場で開催が予定されていた『AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』にて卒業セレモニーを行うはずだったものの荒天にて中止。6月8日に味の素スタジアムで開催された代替公演では7万人というファンを集めてライブを行います。続く9日にAKB48劇場で行われた『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業となりました。

卒業後は女優として活動

大島優子さんはAKB48卒業後、女優として活動し、2015年にはドラマ『銭の戦争』にレギュラー出演。映画『紙の月』では第38回日本アカデミー賞助演女優賞に輝きました。『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』では連続ドラマ初主演を果たし、『No.9 -不滅の旋律-』では本格的な舞台にも挑戦、女優として活動の幅を広げています。

大島優子さんが海外留学より帰国!日本での芸能活動復帰は?

語学などを学ぶため、昨年8月から渡航中の元AKB48の女優、大島優子(30)が23日、インスタグラムを更新し、「ただいまだよ」と帰国を報告。

https://www.sanspo.com/geino/news/20181024/geo18102405000010-n1.html

舞台で本格的に芸能活動復帰か?

帰国した大島優子さんはインスタグラムでシークレットプロジェクトを進めていることを明かし、雑誌『VoCE』の撮影をしたことも報告しています。気になるこれからの芸能活動についてですが、2019年1月に舞台『罪と罰』に出演することが決まっており、そこで本格的な復帰となるようです。留学を経て充実し、成長した大島優子さんの今後の活躍に期待していきましょう。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です