「女賭博師」シリーズ・江波杏子さんが死去!気になる病気や死因は?

映画「女賭博師」シリーズで人気を博し、ドラマや映画で活躍していた女優の江波杏子さんが10月27日に76歳で亡くなっていたことが明らかになりました。22日までは元気に仕事をしていたという江波杏子さんの気になる病気や死因などについて調査しました。

突然の逝去!江波杏子さんのプロフィール

芸名:江波杏子(えなみきょうこ)
本名:野平香純(のひらかすみ)
生年月日:1942年10月15日
没年月日:2018年10月27日(76歳没)
出身地:東京都渋谷区千駄ヶ谷
血液型:A型
身長:160㎝
職業:女優

映画『女賭場師』シリーズが当たり役に!

江波杏子さんは1960年に映画『明日から大人だ』で女優デビュー。その後は長く脇役が続いたものの、1966年には出演58作目にして映画『女の賭場』で初の主役の座をつかみます。この『女賭場師』シリーズが江波杏子さんの当たり役となり、全17本が制作されるほどの人気を博しました。

数々のドラマや映画にて活躍

1973年には高い演技力が評価され、映画『津軽じょんから節』にてキネマ旬報主演女優賞を獲得し、その後も多数のドラマや映画で主演から存在感のある脇役までさまざまな役柄を演じ活躍します。現在でも精力的な活動をしていた江波杏子さんですが、2018年の映画『娼年』、11月放送予定のドラマ『赤い霊柩車37』、2019年に放送予定のドラマ『小吉の女房』が遺作となってしまいました。

江波杏子さんが亡くなった原因や病気は?

映画「女賭博師」などで知られる女優江波杏子さん(本名・野平香純)が10月27日、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため都内の病院で死去したと、所属事務所が2日、発表した。76歳だった。東京都渋谷区出身。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811020000467.html

江波杏子さんは肺気腫を患っていた!

江波杏子さんは長年肺気腫を患っていましたが、日常生活に支障はなく生活し、10月22日にはラジオドラマの収録をするなど元気な様子だったそうです。しかし26日に突然容態が悪化し、27日は帰らぬ人となってしまいました。11月以降にはドラマ出演の打ち合わせなども控え、精力的に活動していたさなかでの突然の逝去。さぞ無念だったことでしょう。江波杏子さんのご冥福をお祈りいたします。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です