福田こうへいが病気からコンサートにて復活!気になる最新情報も!

『南部蝉しぐれ』などで人気の演歌歌手・福田こうへいさんが11月23日のコンサート昼の部終了後に吐血、緊急入院し体調が心配されていましたが、10日に浅草公会堂で復帰コンサートを開催したことがわかりました。福田こうへいさんの病気や最新の活動情報などについて調査しました。

ファン待望の復活!福田こうへいさんのプロフィール

本名:福田廣平(ふくだこうへい)
生年月日:1976年9月21日(42歳)
出身地:岩手県盛岡市玉山区
血液型:O型
身長:175㎝
職業:演歌歌手

2012年にメジャーデビュー

福田こうへいさんは父に民謡歌手の福田岩月さんを持ち、自身も23歳から民謡を習い始め、2012年に第25回日本民謡フェスティバルにてグランプリを受賞するなど多数のコンクールで優勝。同年10月にシングル『南部蝉しぐれ』でメジャーデビューを果たすと、オリコンの演歌チャートで1位を獲得するなど人気を博します。

プロも唸らせる歌唱力の持ち主

福田こうへいさんは民謡で鍛えられた抜群の声量と歌唱力を誇り、演歌歌手の大御所である北島三郎さんが「歌謡界の宝」と絶賛するほどの実力の持ち主です。またトーク技術にも定評があり、抜群の歌唱力と軽妙なトークで年間200以上のステージをこなし、ファンを楽しませています。

福田こうへいさんが復帰コンサートで熱唱!最新の活動予定は?

11月23日に大量吐血して緊急入院し、コンサートを中止した演歌歌手の福田こうへい(42)が10日、東京・浅草公会堂で復帰コンサートを行った。

福田は「完全復活しました。声は前と同じくらいバンバン出てる」と回復を報告した。新曲「天竜流し」、代表曲「南部蝉しぐれ」など22曲を以前と変わらない伸びやかな歌声で熱唱。アンコールでは巨大なねぶた太鼓を力強くたたくなど、1100人を前にパワフルなステージで復帰をアピールした。

http://news.livedoor.com/article/detail/15719389/

福田こうへいさんは11月23日に福島県白河市で行われたコンサートの昼の部終了後に吐血して救急搬送されました。その後胃と食道の接合部に亀裂が入っていたことがわかり、「急性胃粘膜病変にともなう黒色吐物」と診断され加療を行っていました。

療養に伴い、11月27日の福岡県飯塚市・28日の長崎県諫早市での公演は中止となったものの12月3日の山梨公演は来年の2月18日に延期されることが発表されました。病気から完全復活し、12日には東京・22日には愛知・24日には岩手・25日には山形でディナーショーも控えている福田こうへいさんのこれからの活躍に期待しましょう。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です