『キテレツ大百科』藤田淑子さんが死去!気になる病気や死因は?

『キテレツ大百科』の木手英一役や『一休さん』の一休役など多数の人気アニメで主要キャラクターとして活躍した声優の藤田淑子さんが28日に亡くなっていたことが明らかになりました。藤田淑子さんの病気や死因などについて調査しました。

突然の訃報!藤田淑子さんのプロフィール

本名:藤田淑子(ふじたとしこ)
生年月日:1950年4月5日
没年月日:2018年12月28日(68歳没)
出身地:中国遼寧省大連市
血液型:O型
身長:159㎝
職業:声優、女優、歌手、ナレーター

6歳の頃より子役として活動

藤田淑子さんは6歳の頃より子役として活動を始め、さまざまなドラマや映画などで活躍します。また1965年頃からは声優としても活動し、1975年にアニメ『一休さん』で主役の一休に抜擢され、知名度を上昇させます。

『キテレツ大百科』は8年間放送された人気作品!

1987年には藤子・F・不二雄さん原作のアニメ『キテレツ大百科』の主人公・木手英一役を演じて人気を博し、『キテレツ大百科』は8年間にわたって放送されるほどの人気作品となりました。また歌謡曲歌手の経験を活かし、エンディングテーマ『メリーはただのともだち』では歌も担当しています。

数多くの主要キャラクターを演じる

代表作である『一休さん』や『キテレツ大百科』をはじめ、『キャッツ・アイ』の来生泪役や『ロミオの青い空』のアルフレド役、『デジモンアドベンチャー』の八神太一役など人気アニメの主要キャラクターを数多く演じました。また映画の吹き替えや番組のナレーションなども多数担当し、幅広い活躍を続けていました。

藤田淑子さんが亡くなった原因や病気は?

テレビアニメ『一休さん』の一休役、『キテレツ大百科』のキテレツ役など数多くのキャラクターを演じた声優・藤田淑子(ふじた としこ)さんが浸潤性乳がんのため、28日に亡くなった。68歳。所属する青二プロダクションの公式サイトで同日伝えられた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-156269/

藤田淑子さんは浸潤性乳がんで闘病していた!

藤田淑子さんは浸潤性乳がんを患っており、晩年は活動を休止し、闘病を続けていたようです。浸潤性乳がんとは、乳管や小葉の範囲まで広がったがんを指すそうです。復帰を待ち望まれていたさなかでの訃報に、声優仲間や関係者から続々と悲しみの声が寄せられています。藤田淑子さんのご冥福をお祈りいたします。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です