CHEMISTRY・堂珍嘉邦が離婚を発表!気になる離婚の原因は?

人気男性デュオCHEMISTRYのメンバーである堂珍嘉邦さんがモデルの敦子さんと昨年末に離婚していたことが明らかになりました。2014年にはすでに別居し、離婚協議に入っているという噂もありましたがついに離婚が成立したようです。2人の気になる離婚の原因について調査しました。

離婚を発表!堂珍嘉邦さんのプロフィール

本名:堂珍嘉邦(どうちんよしくに)
生年月日:1978年11月17日(40歳)
出身地:広島県安芸高田市
血液型:O型
身長:174㎝
職業:ミュージシャン、俳優

2001年にCHEMISTRYのメンバーとしてデビュー

堂珍嘉邦さんは1999年に『ASAYAN』番組内の「男子ボーカリストオーディション」に応募し合格、2001年にCHEMISTRYが結成されデビューシングルの『PIECES OF A DREAM』はミリオンセラーを達成、同年11月には初のオリジナルアルバム『The Way We Are』がトリプルミリオンを達成するなど大きな注目を集めます。

ソロとしても活躍

2012年にはソロに専念するためCHEMISTRYの活動休止を発表、2013年にはソロとして初のアルバム『OUT THE BOX』が発売、全国ツアーも開催し、順調な活動を続けていきます。また2014年には主演映画『醒めながら見る夢』が公開されるなど、俳優としても活躍しています。

堂珍嘉邦さんが結婚15年目でついに離婚!気になる離婚の理由は?

男性デュオ「CHEMISTRY」の堂珍嘉邦(40)が1日、昨年末に離婚していたことを公式サイトで発表した。2004年にした元タレントの敦子夫人と結婚。「お互いの将来を考え別々の道を選択するという結論に至りました」とした。

公式サイトで「この様な形に至るまで、沢山の時間をかけ話し合って来ましたが、お互いの将来を考え別々の道を選択するという結論に至りました」と報告。「今後はお互い親として変わらず子供達の成長を見守ってまいります。これからも音楽活動により一層力を入れて邁進していく所存です」と新たな決意をつづった。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/01/kiji/20190101s00041000139000c.html

堂珍嘉邦さんの元妻・敦子さんのプロフィール

本名:堂珍敦子(どうちんあつこ・旧姓森田)
生年月日:1978年7月17日(40歳)
出身地:奈良県
血液型:O型
身長:168㎝
職業:モデル

敦子さんは1999年に雑誌『JJ』の専属モデルとして活躍し、2000年にはキリンビールのキャンペーンガールに選出されました。2004年に堂珍嘉邦さんと結婚し、同年12月に第1子を出産すると雑誌『VERY』にてモデル活動を再開しますが、第2子妊娠により降板。2006年11月に第2子を、2009年6月には第3子・第4子となる双子を、2014年2月には第5子を出産しています。

堂珍嘉邦さんと敦子さんの離婚の原因は?

2013年に敦子さんのほうから離婚を切り出し、2014年には別居し離婚協議が行われていたという2人ですが、離婚は堂珍嘉邦さんが家にいなかったことが原因のようです。また出産後も仕事を続けたかった敦子さんと、それを望まなかった堂珍嘉邦さんの間にすれ違いも生じていたようです。このようにさまざまな要因が積み重なり、離婚という選択となったのかもしれません。

離婚という残念な結果になってしまいましたが、敦子さんは旧芸名の堂珍敦子から敦子へ変更し、心機一転仕事に邁進していくようです。また堂珍嘉邦さんも2017年からはCHEMISTRYの活動を再開させています。これからの堂珍嘉邦さんと敦子さんの活躍に注目していきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です