ビートたけしに離婚調停報道!離婚の真相について調査!

お笑いタレント・映画監督として活躍しているビートたけしさんが離婚調停に入ったと報道されました。1980年に結婚し、長男と長女で歌手・女優の北野井子さんの2人の子どもに恵まれています。ビートたけしさんの離婚の真相などについて調査しました。

離婚調停報道!ビートたけしさんのプロフィール

本名:北野武(きたのたけし)
生年月日:1947年1月18日(71歳)
出身地:東京都足立区島根
血液型:O型
身長:168㎝
職業:お笑いタレント、映画監督、司会者、俳優

1972年にお笑いコンビ「ツービート」を結成

ビートたけしさんは1972年にビートきよしさんとお笑いコンビ「ツービート」を結成し、テンポが速く、毒舌も絡めた漫才で注目を集め、1980年に起こった漫才ブームも相まって「コマネチ!」などのギャグも生み出し知名度を上昇させます。その後は『天才!たけしの元気が出るテレビ』や『風雲!たけし城』、『オレたちひょうきん族』などビートたけしさん単体での出演が増えていきます。

多数のレギュラー番組を担当

現在は『たけしのTVタックル』、『名医とつながる!たけしの家庭の医学』や『奇跡体験アンビリバボー』や『新・情報7DAYS ニュースキャスター』など数多くのレギュラー番組を担当し、ビートたけしさんをテレビで見ない日はないほどの活躍を続けています。

映画監督・北野武として

ビートたけしさんは本名の北野武名義で映画監督としても活動しており、1997年に公開された『HANA-BI』は第54回ベネチア国際映画祭において日本作品としては40年ぶりとなる金獅子賞を受賞する快挙を達成しています。2007年には北野武さんの作品『監督・ばんざい!』にちなんでベネチア国際映画祭に監督・ばんざい!賞が新設され、2008年には第30回モスクワ映画祭で特別功労賞を受賞するなど世界で活躍。また、俳優としても多数の作品に出演しています。

ビートたけしさんが離婚調停中?離婚報道の真相は?

タレント・ビートたけし(71)が幹子夫人(67)と離婚調停に入っていると、一部スポーツ紙が報じた。

記事によると、家庭裁判所に調停を申し立てたのはたけし。現在は双方が代理人を立てて話し合いを進めており、不調に終わった場合は早ければ今春にも離婚裁判に入るとのこと。幹子さんの元に調停期日通知書が届いたのは、昨年の夏前ごろ。幹子さんや子供たちも驚いていたという。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12268-158095/

離婚の原因はビジネスパートナーにあった?

ビートたけしさんは1980年に女性漫才師だった幹子夫人と結婚し、長男と長女の歌手・女優の北野井子さんの2人の子どもに恵まれていますが、40年近く連れ添った幹子夫人との離婚の原因は現在のビジネスパートナーの女性にあるようです。女性とは恋愛関係にあって3年ほど前から同棲しており、再婚を望んでいるとの情報もあります。

ビートたけしさんは現在離婚調停をしている?

幹子夫人は調停に応じておらず、難航すれば今春にも離婚裁判に入るという報道がされていますが、事実はどうなのでしょうか。ビートたけしさんの事務所の関係者は調停の事実は全くないと否定しており、現在真相は明らかになっていません。これからのビートたけしさんの続報を待ちましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です