三宅裕司がスキー中に転倒して負傷!気になるケガの具合は?

情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』などに出演中のタレント・俳優の三宅裕司さんが6日、スキー滑走中に転倒し、左大腿骨を骨折するケガを負っていたことが明らかになりました。三宅裕司さんの気になるケガの具合や復帰予定などについて調査しました。

スキー中に負傷!三宅裕司さんのプロフィール

本名:三宅裕司(みやけゆうじ)
生年月日:1951年5月3日(67歳)
出身地:東京都千代田区
血液型:B型
身長:176㎝
職業:タレント、コメディアン、俳優、司会者

1979年に劇団スーパー・エキセントリック・シアターを旗揚げ

三宅裕司さんは明治大学卒業後、喜劇役者を目指したもののなかなか自分の求める笑いに合う劇団が見つからず、1979年に小倉久寛さんら15人のメンバーとともに劇団スーパー・エキセントリック・シアターを旗揚げ。現在も16000人以上の観客を動員し、チケットも即完売するなど人気の公演となっています。過去には岸谷五朗さんや寺脇康文さんなども所属していました。

さまざまな分野でマルチに活躍!

現在は俳優業だけではなく、情報番組『健康カプセル!ゲンキの時間』や紀行番組『三宅裕司のふるさと探訪〜こだわり田舎自慢〜』、ラジオ番組『三宅裕司のサンデーヒットパラダイス』など多数のレギュラー番組を持ち、さまざまな分野でマルチな活躍を続けています。

三宅裕司さんがスキー中に骨折!ケガの具合は?

タレント・俳優の三宅裕司(67)がスキー滑走中に転倒し左大腿骨転子部を骨折するけがを負ったことを、自身が主宰する『劇団スーパー・エキセントリック・シアター』公式サイトで6日、発表した。

サイトでは「三宅裕司の療養について」として、「すでにラジオで三宅本人よりご報告させていただきましたが、スキー滑走中に転倒し、左大腿骨転子部を骨折する怪我を負いました」と発表。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-159905/

三宅裕司さんは6日にラジオのレギュラー番組を欠席し、代わりに小倉久寛さんが登場。3日にスキー滑走中に転倒して腰を打ち、4日に手術を受けたことを明かしました。所属事務所によると、左大腿骨転子部の骨折で、完治までに2~3ヶ月ほどかかるそうです。またケガの影響のない仕事については、医師の指示のもと、できる限り行っていくそうです。

本格的な復帰にはまだまだ時間がかかりそうですが、無理のない範囲できる限り仕事を続けていくという三宅裕司さん。三宅裕司さんの早期の回復を祈りましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です