『家政婦は見た!』シリーズ・市原悦子さんが死去!気になる病気や死因は?

ドラマ『家政婦は見た!』やアニメ『まんが日本昔ばなし』などで活躍した女優の市原悦子さんが12日に82歳で亡くなっていたことが明らかになりました。昨年12月には盲腸と診断され、入院していた矢先の出来事でした。市原悦子さんの病気や死因について調査しました。

突然の訃報!市原悦子さんのプロフィール

本名:塩見悦子(しおみえつこ)
生年月日:1936年1月24日
没年月日:2019年1月12日(82歳没)
出身地:千葉県千葉市
血液型:A型
身長:160cm
職業:女優、声優

1957年に俳優座へ入団

市原悦子さんは学生時代から演劇部で活動し、1957年に俳優座に入団。児童劇『りこうなお嫁さん』にてデビューを果たしました。1963年に新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝くなど高い演技力が評価を受けます。1975年にはアニメ『まんが日本昔ばなし』にて声を担当し、約20年に渡って演じ続けるなど人気を博しました。

『家政婦は見た!』など代表作多数の演技派女優

市原悦子さんが演じる家政婦・石崎秋子がさまざまな事件を解決するドラマ『家政婦は見た!』は25年に渡りシリーズ化されるなど自身を代表する作品となり、その他にも『おばさんデカ 桜乙女の事件帖』や『弁護士高見沢響子』など長年に渡って主演を務めた作品も数多く、演技派女優として活躍。また、ナレーションや声優を務めることも多く、幅広い活動を続けていました。

市原悦子さんが亡くなった原因や病気は?

TBS系で放送された「まんが日本昔ばなし」で20年間にわたり声優を務め、演技派女優として活躍した市原悦子(いちはら・えつこ)さんが12日午後1時31分に心不全のため都内の病院で亡くなった。82歳。昨年12月に盲腸となり、正月5日から入院していた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-01135437/

市原悦子さんは自己免疫性脊髄炎を患っていた!

市原悦子さんは、2016年に自己免疫性脊髄炎を患い、入退院を繰り返しながら芸能活動を行っていたようです。自己免疫性脊髄炎とは、体の免疫が脊髄の中に異物が入ったと勘違いし、脊髄を攻撃してしまう病気だそうです。その後リハビリを行うも思うように回復しなかったものの、声の出演の仕事は続けていました。

昨年12月上旬には盲腸と診断され入院、年末年始は自宅で過ごしたものの、今月5日には再入院し、担当しているバラエティ番組『おやすみ日本 眠いいね!』の収録を休んでいた矢先の突然の訃報に、関係者やファンからの驚きの声や悲しみも多く寄せられています。生涯現役を貫いた、市原悦子さんのご冥福をお祈りいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です