ロックンローラー・内田裕也さんが死去!気になる病気や死因は?

ロック歌手で俳優としても活躍していた内田裕也さんが、17日に亡くなっていたことが明らかになりました。妻で女優として活躍した樹木希林さんが昨年9月に亡くなり、わずか半年後の訃報となりました。内田裕也さんの気になる病気や死因について調査しました。

79年の生涯に幕・内田裕也さんのプロフィール

本名:内田雄也(うちだゆうや)
生年月日:1939年11月17日
没年月日:2019年3月17日(79歳没)
出身地:兵庫県西宮市
血液型:B型
身長:174㎝
職業:歌手、俳優、映画監督

ロック歌手として

内田裕也さんは大学中退後、数々のバンドを渡り歩き、1960年代中頃からはベンチャーズやビートルズの影響を受けロックへと傾倒していきます。また、ザ・タイガースをスカウトするなど歌手としてだけではなくプロデューサーとしての才能も発揮。「打倒!紅白歌合戦」を掲げ1973年から開始された年越しロックイベントは、2007年に『ニューイヤーズワールドロックフェスティバル』と名称を変え、毎年開催されています。

俳優としても活躍

内田裕也さんは俳優としても活動しており、『エレキの若大将』や『座頭市』、『ブラックレイン』など多数の映画やドラマに出演。また、映画『コミック雑誌なんかいらない!』や『魚からダイオキシン!!』では脚本も手掛けるなどマルチな活躍を続けていました。

内田裕也さんが亡くなった原因は?2017年から車椅子生活だった!

ロック歌手で俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名・内田雄也=うちだ・ゆうや)さんが17日、肺炎のため死去した。79歳。葬儀は近親者で営み、お別れ会を後日開く予定。

https://mainichi.jp/articles/20190318/k00/00m/040/022000c

内田裕也さんは2017年11月に脱水症状を起こして緊急入院し、病気や怪我が重なったこともあり体力が低下、晩年は車椅子生活を余儀なくされていました。入院中であった亡くなる前日の16日には家族と過ごし、昼食にはオムライスを食べるなど元気な様子だったそうです。しかし、17日になって容態が急変し、突然の訃報となってしまいました。

長女の内田也哉子さんが病院に駆け付けた時には間に合わず、最期を、みとることはできなかったそうです。妻で女優として活躍した樹木希林さんが昨年9月に亡くなってからわずか半年あまり、後を追うように旅立った内田裕也さん。ご冥福をお祈りいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です